かしわで研究生活

研究者のひよこになりました。
ポスドク二期目です。


研究紹介

現在は

「JAXAスパコンを用いた衛星全球降水マップのデータ同化システムの構築に関する研究」

をしています。

以前の職場(JAXA EORC)ではTRMM PR の長期気候データの開発研究, TRMM PRやGPM主衛星DPRの校正手法の開発研究を行いました。

博士課程では熱帯季節内振動の大気海洋相互作用に着目した研究を行いました。

修士課程では熱帯と亜熱帯の水蒸気の特徴に着目した研究を行いました。

学部生卒業研究では水雲の動態に着目した研究を行いました。


研究業績

金丸は下線で表記、発表者は○。

論文(査読あり)

  1. Kanemaru, K., T. Kubota, T. Iguchi, Y. Takayabu, R. Oki, 2017:
    Development of a precipitation climate record from spaceborne precipitation radar data. Part I: Mitigation of the effects of switching to redundancy electronics in the TRMM Precipitation Radar.
    J. Atmos. Oceanic Tech. 34, 2043-2057, doi:10.1175/JTECH-D-17-0026.1, [Link] © American Meteorological Society

  2. Takahashi, N., H. Hanado, K. Nakamura, K, Kanemaru, T. Iguchi, K. Nakagawa, N. Nio, T. Kubota, R. Oki, N. Yoshida, 2016:
    Overview of the End-of-Mission Observation Experiments of Precipitation Radar onboard Tropical Rainfall Measuring Mission Satellite.
    IEEE Trans. Geosci. Remote Sens. 54, 3450-3459, doi:10.1109/TGRS.2016.2518221, [Link] © IEEE

  3. Kanemaru, K., and H. Masunaga, 2014:
    The Potential Roles of Background Surface Wind in the SST Variability Associated with Intraseasonal Oscillations.
    J. Climate. 27, 7053-7068, doi:10.1175/JCLI-D-13-0774.1, [PDF] [Link] © American Meteorological Society

  4. Kanemaru, K., and H. Masunaga, 2013:
    A Satellite Study of the Relationship between Sea Surface Temperature and Column Water Vapor over Tropical and Subtropical Oceans.
    J. Climate. 26, 4204-4218, doi:10.1175/JCLI-D-12-00307.1, [PDF] [Link] © American Meteorological Society

国際会議・口頭発表(査読なし)

  1. Kaya Kanemaru, Takuji Kubota, Takeshi Masaki, Riko Oki, Kinji Furukawa, Toshio Iguchi, Hiroshi Hanado, Naofumi Yoshida
    RECENT ADVANCES OF THE TRMM PR BEAM-MISMATCH CORRECTION AFTER THE ORBIT BOOST
    WE2.L11.3, the IEEE Geoscience and Remote Sensing Society, the International Geoscience and Remote Sensing Symposium 2016, Beijing, July 2016

  2. ○Hiroshi Hanado, Nobuhiko Takahashi, Katsuhiro Nakagawa, Toshio Iguchi, Kenji Nakamura, Kaya Kanemaru, Tmomi Nio, Susumu Saitoh, Takeshi Masaki, Tomohiko Higashiuwatoko, Naofumi Yoshida, and Masahiro Kojima
    SPECIAL PR OBSERVATION EXPERIMENTS DURING THE TRMM SATELLITE DESCENDING
    FR2.G3.2, the IEEE Geoscience and Remote Sensing Society, the International Geoscience and Remote Sensing Symposium 2015, Milan, July 2015

  3. Kaya Kanemaru, Satoshi Kida, Takuji Kubota, Misako Kachi, Riko Oki, Toshio Iguchi, and Yukari N. Takayabu
    Creation of TRMM PR data by minimizing the effect of the TRMM orbit boost
    2015-n-12, 30th International Symposium on Space Technology and Science, Kobe, July 2015

  4. Kaya Kanemaru, Takuji Kubota, Misako Kachi, Riko Oki, Toshio Iguchi, and Yukari N. Takayabu
    Creation of TRMM PR data by minimizing the effect of the PR hardware change
    ACG09-13, Japan Geoscience Union Meeting 2015, Chiba, May 2015

  5. ○Misako Kachi, Takuji Kubota, Takeshi Masaki, Yuki Kaneko, Kaya Kanemaru, Riko Oki, Toshio Iguchi, Kenji Nakamura, and Yukari N. Takayabu
    Early Results from the Global Precipitation Measurement (GPM) Mission in Japan
    EGU2015-9417, European Geosciences Union General Assembly 2015, Vinna, April 2015

  6. Kaya Kanemaru, and Hirohko Masunaga
    A satellite study of an ocean mixed layer heat budget analysis for the temporal variability of tropical sea surface temperature
    2013-n-52, 29th International Symposium on Space Technology and Science, Nagoya, June 2013

国際会議・ポスター発表(査読なし)

  1. ○Takeshi Masaki, Toshio Iguchi, Kinji Furukawa, Naofumi Yoshida, Kaya Kanemaru, Hiroshi Hanado, Takuji Kubota, Riko Oki
    Calibration of the GPM/DPR
    ?????????, The 38th Conference on Radar Meteorology Meeting, 2017, Chicago, August, 2017

  2. Kaya Kanemaru, Takuji Kubota, Toshio Iguchi, Yukari N. Takayabu, and Riko Oki
    A long term calibration of space-borne precipitation radar using natural target
    AAS08-P02, Japan Geoscience Union Meeting 2017, Chiba, May 2017

  3. Kaya Kanemaru, Takuji Kubota, Misako Kachi, Riko Oki, Toshio Iguchi, and Yukari N. Takayabu
    A difference in the interannual variability of precipitation between PR and TMI
    ACG10-P03, Japan Geoscience Union Meeting 2016, Chiba, May 2016

  4. ○R. Oki, K. Kanemaru, T. Kubota, M. Kachi, M. Masaki, T. Iguchi, K. Nakamura, Y. N. Takayabu
    Global Precipitation Measurement (GPM) mission supports climate change studies
    The Climate Symposium 2014, Darmstadt, October 2014

  5. Kaya Kanemaru, and Hirohiko Masunaga
    An Ocean Mixed Layer Heat Budget Analysis and the Temporal Variability of Tropical Sea Surface Temperature
    4th TRMM and GPM International Science Conference, Tokyo, November 2012

  6. Kaya Kanemaru, and Hirohiko Masunaga
    Water vapor characteristics over tropical and subtropical oceans
    A23D-0194, American Geophysics Union Fall meeting, San Francisco, December 2011 Poster[PDF]

学会発表・口頭発表(査読なし)

  1. 金丸佳矢、久保田拓志、可知美佐子、沖理子、井口俊夫、高薮縁
    「TRMM PRとTMI から推定された水量の経年変動の違いについて」
    A366、日本気象学会、京都、2015年10月

  2. ○高橋暢宏、花土弘、井口俊夫、中村健治、金丸佳矢、仁尾友美、沖理子
    「TRMM EOM(End of Mission)観測実験について(その1) 全体概要」
    C201、日本気象学会、つくば、2015年05月

  3. ○花土弘、高橋暢宏、中川勝広、井口俊夫、中村健治、 金丸佳矢、仁尾友美、斉藤進、正木岳志、沖理子、小嶋正弘、東上床智彦、吉田直文
    「TRMM EOM(End of Mission)観測実験について(その2) Wide Swath実験」
    C202、日本気象学会、つくば、2015年05月

  4. 金丸佳矢、花土弘、井口俊夫、高橋暢宏、久保田拓志、沖理子
    「TRMM EOM(End of Mission)観測実験について(その3) Dense Sampling 実験」
    C203、日本気象学会、つくば、2015年05月

  5. 金丸佳矢、木田智史、久保田拓志、可知美佐子、沖理子、井口俊夫、高薮縁
    「TRMM PR 気候データセット整備に向けた軌道高度変更補正データの作成」
    A362、日本気象学会、福岡、2014年10月

  6. 金丸佳矢、増永浩彦
    「熱帯季節内振動に伴う海面暖水偏差形成における海上風背景場の役割」
    A408、日本気象学会、横浜、2014年5月

  7. ○広田勲、横山智、岡本耕平、竹中千里、王智弘、 神山拓也、金丸佳矢、INGXAY, Phanxay、白井正樹、神慶孝
    「ラオス北部山地部における焼畑農業の多様な機能と近年の変化」
    、日本環境共生学会、豊橋、2013年9月

  8. 金丸佳矢、増永浩彦
    「熱帯海面熱収支に関連する雲降水の時空間変動について」
    B204、日本気象学会、東京、2013年5月

  9. 金丸佳矢、増永浩彦
    「熱帯海洋上の地表面水蒸気量の変動機構 その1」
    B168、日本気象学会、名古屋、2011年11月 スライド[PDF]

  10. 金丸佳矢、増永浩彦
    「熱帯・亜熱帯海洋上の水蒸気鉛直構造についての衛星観測的研究」
    C308、日本気象学会、京都、2010 年10月 スライド[PDF]

学会発表・ポスター発表(査読なし)

  1. 金丸佳矢、増永浩彦
    「熱帯海面水温の短期変動とその地域性について」
    P184、日本気象学会、北海道、2012 年 10月 ポスター[PDF]

  2. 金丸佳矢、増永浩彦
    「Aqua AMSR-E/AIRS を利用した熱帯域の地表面水蒸気量の推定」
    P321、日本気象学会、東京、2011 年 5月 ポスター[PDF]

  3. 金丸佳矢、増永浩彦
    「熱帯・亜熱帯海洋上の係留ブイおよび衛星観測を用いた水蒸気調節メカニズムについて」
    P127、日本気象学会、東京、2010 年 5月 ポスター[PDF]

研究集会・口頭発表(査読なし)

  1. 金丸佳矢、久保田拓志、井口俊夫、高薮縁、沖理子
    「自然を校正源とした降水レーダ長期特性の変化抽出」
    衛星による高精度降水推定技術の開発とその水文学への利用の研究企画のための集会、名古屋、2017 年 3月 (予定)

  2. 金丸佳矢、久保田拓志、可知美佐子、沖理子、井口俊夫、高薮縁
    「PRとTMIの降水量経年変動の違い」
    衛星による高精度降水推定技術の開発とその水文学への利用の研究企画のための集会、名古屋、2016 年 3月

  3. 金丸佳矢、久保田拓志、可知美佐子、沖理子、井口俊夫、高薮縁
    「TRMM PR 降水気候データセット開発ためのPR冗長系切替の影響評価」
    衛星による高精度降水推定技術の開発とその水文学への利用の研究企画のための集会、名古屋、2015 年 3月

  4. 金丸佳矢、増永浩彦
    「熱帯季節内振動に伴う海面水温変動の伝播特性について」
    衛星による高精度降水推定技術の開発とその水文学への利用の研究企画のための集会、名古屋、 2014 年 2月

  5. 金丸佳矢、増永浩彦
    「熱帯インド洋におけるMJO対流の伝播と海面水温の関係について」
    熱帯気象研究会、沖縄、 2013 年 8月

  6. Kaya Kanemaru
    Are Spatial Patterns of Land Surface Different between Rural and Urban Area?
    Japan-German Bio Web City/Region Workshop, Nagoya, November 2012

  7. 金丸佳矢、増永浩彦
    「熱帯・亜熱帯海洋上の水蒸気調節機構に関する衛星観測的研究」
    黒潮流域、黒潮続流域における海表面温度と降水. 沖縄の気象・気候・海象の観測的研究に関する共同研究集会、沖縄、 2011 年 3月

  8. 金丸佳矢、増永浩彦
    「熱帯・亜熱帯海洋上の水蒸気調節機構と水蒸気の鉛直構造に関する衛星観測的研究」
    衛星による陸上の高精度降水推定技術の開発とその水文学への利用の研究企画のための集会、名古屋、2010 年11月

  9. 金丸佳矢
    「熱帯と亜熱帯海洋上の水蒸気調節メカニズムについて」
    C11、気象若手夏の学校、京都、2010年7月

研究集会・ポスター発表(査読なし)

そのた

  1. Kanemaru, K., M. Rezza, and I. Hirota, 2014:
    Analysis of Monsoon Climate Variability for Swidden Agriculture in Northern Laos
    in Integrated Studies of Social and Natural Environmental Transition in Laos,
    Ed. by Satoshi Yokoyama, Kohei Okamoto, Chisato Takenaka, Isao Hirota

  2. Abe, T., T. Sekiya, K. Kanemaru, K. Okamoto, 2014:
    Spatial Analysis of Flood Area and Its Impact on Rice Production on Vientiane Plain
    in Integrated Studies of Social and Natural Environmental Transition in Laos,
    Ed. by Satoshi Yokoyama, Kohei Okamoto, Chisato Takenaka, Isao Hirota

おまけ

  1. 博士論文
    熱帯における大気と海洋表層の気候場および季節内振動に関する衛星観測研究 概要[Link:名古屋大学レポジトリ]

  2. 修士論文
    熱帯・亜熱帯海洋上の水蒸気調節機構に関する衛星観測的研究 概要[PDF]

  3. 卒業論文
    衛星観測を用いた北半球中緯度域の雲と降水とエアロゾルの動態把握に関する研究 概要[PDF] ポスター[PDF]

研究メモ


[戻る]